海外FXでマイナンバーを登録しないとどうなるのか?マイナンバーが必要・不必要な理由を解説

海外FXでマイナンバーを登録しないとどうなるのか?マイナンバーが必要・不必要な理由を解説

国内の証券会社で口座を開設する為にマイナンバーカードの提出が義務付けられています。制度が始まる前から作成していた口座であっても追加でマイナンバーを登録をしないといけない仕様になっており、当たり前になっている方も多いと思います。では海外FXではどうでしょうか?「海外FXにマイナンバーを登録するのはなんだか怖い!」というイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか?

ここではFX業者にマイナンバーを登録する理由を解説しながら、海外FXでマイナンバーを登録しないとどうなるのか、詳しく解説していきます。

そもそもマイナンバーとは何なのか

マイナンバーとは、住民票を有する個人ひとりひとりに割り当てられた12桁の個人番号の事で、マイナンバーの運用により行政の効率化や課税の適正化を目指しており、2016年に公平で公正な社会を目的としてマイナンバー制度が始まりました。

そして国内の証券会社ではマイナンバーの提出が義務付けられています。なぜ国内の証券会社ではマイナンバーを提出する必要があるのでしょうか?

国内FXではマイナンバー提出は必須

その理由は、業者は国に対して「マイナンバーXXXXの人に○○円支払いました」という情報を報告する義務を負っているためです。この報告は”支払調書”という書類を税務署に提出することになっており、この支払調書にマイナンバーを記載することを義務付けられているのです。

そのため、国内の証券会社では口座作成時にマイナンバーの提出を求めてきます。そしてマイナンバーを提出しなければ口座を作成することは出来ません。

また、マイナンバー制度が始まる前から口座を持っていた方も、同じようにマイナンバーを提出する必要があります。それも全て脱税やマネーロンダリングなどの不正を防ぐ為、つまり公平で公正な社会を目指しているからです。

日本国内でのFXトレードは「マイナンバーの提出が必須」となりますので覚えておきましょう。

海外FXではマイナンバーの提出は不要

海外FXでは、マイナンバーの提出は必要ありません。マイナンバーは日本国内での収入に関する税務上必要とされる為で、海外での収入に関するものには適用されないためです。もちろんFX業者側に求められた場合に提出するのも自由です。悪用された、という話は聞いたことがありません。

海外FXで提出が必要なものは主に以下の2種類です。

  • 本人確認書類
  • 居住証明書

それぞれ詳しく見ていきましょう。

本人確認書類

本人確認書類は、免許証やパスポートなど、本人と証明する為のものです。自分の顔の自撮り写真やその場で撮影する場合もあるため、スマホなどを予め準備しておきましょう。

身分証明書
・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード(通知カードは不可)
・特別永住者証明書
・外国人登録証/在留カード
・障がい者手帳
・住民基本台帳カード

居住証明書

居住証明書は、現在住んでいる場所を証明する為のものです。3ヶ月以内のものや6ヶ月以内のもの、という縛りがあることも多いため、必要な書類は予め保存しておきましょう。

住所証明書(現住所確認)
・公共料金請求書/領収書(電気、ガス、水道)
・クレジットカード/銀行利用明細書/請求書
・固定電話、携帯電話料金請求書/領収書
・納税通知書などの租税通知書
・健康保険(被保険者)証
・住民票
・印鑑登録証明書

マイナンバーの提出は不必要でも確定申告は必要

海外FXではマイナンバーの提出は必要ありませんが、利益が出ている場合に確定申告をする必要があります。

海外FX業者は日本の課税制度の枠外にあるため、自分で損益を計算して確定申告をしなければなりません。海外FXの利益は日本とは違い、総合課税(トータルの所得額によって課税額が異なる)となっている為注意が必要です。

ちなみに日本のFX業者では税金が自動的に控除される【特定口座】を作成する事ができます。特定口座を作成すれば利益に対して20%の税金を自動的に引き、FX業者が変わりに税務申告を行ってくれます。ただ、特定口座を選択していない方は海外FX業者と同じように自分で確定申告をする必要がありますので注意して下さい。

いくらから確定申告が必要か

会社に勤めるサラリーマン・パート・アルバイトの方は、会社からの収入以外で【年間20万円以上】の収入を得た時は収支を明らかにして納税をする為、確定申告をする必要があります。

海外FX業者にマイナンバーを提出する必要はありませんが、確定申告の際にはマイナンバーの提出が必要になります。利益が出ているのに確定申告を行わないと税金逃れ(脱税)として罪に問われますので十分に注意してください。

「海外FX業者にマイナンバーを提出していないんだから、確定申告しなくてもバレないんじゃないの?」と思う方もいるかもしれませんが、国内の銀行口座に大きなお金が振り込まれた時点で国にはバレます。その送金を税務署が不審に思い調査が入ってしまうと海外FX業者で所得があったことは分かってしまいますので正直に確定申告をしましょう。

また、日本の税務署は海外の税務署と密に連携をとっていることがあり、「○○という日本人が稼いでいる」といった情報が伝わることがあります。必要な税金からは決して逃れられませんので、国に内緒で大金を稼ぐことは不可能です。

まとめ

海外のFX業者へはマイナンバーを提出する必要はありません。ただし、適正な税金を収める為に確定申告は必要ですので、利益がでたら必ず確定申告を行い、納税を行いましょう。逆に言ってしまえば、海外FXでどれだけ稼いでも納税さえしていれば何も言われませんし、大手を振って稼ぐことができます。正しい知識を身に着け、ルールを守ってトレードを行いましょう。

初心者の方へカテゴリの最新記事